スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェリーアイ 術後検診

2011.12.14.15:59

 今日は、かかりつけ医に手術後の経過を診てもらいに
いきました。
縫った糸が緩んで、角膜を傷つけていないかのチェックです。
角膜は異常なし。
目薬も慣れたもので、嫌がらなくなりました!
飲み薬は嫌みたいで、先生の勧めで
蜂蜜に混ぜて、舐めさせて飲ませてます。

大学病院の先生がすぐにかかりつけ医にいろんなデータを
送ってくださり、連携もバッチリです。

術後の経過も良好。
すっかり元気になったパムは、いたずらっ子に・・・。
はしゃいでは疲れて眠って、その辺はやっぱり赤ちゃんです。
blog用 004  blog用 002



いろいろご心配おかけしました。
このまま再発しないことを祈るばかりです。

blog用 004
義母の生まれた年からやってるお店のパン。
広島県三原のお店だって・・・。
TVで取り上げられるほど有名みたいだけど
駅の特設で売ってました。
1個200円。チョコとクリームを買いましたが
パンと言うよりはデザートって感じでおいしいパンでした。
スポンサーサイト

チェリーアイ  手術日

2011.12.12.21:08

 今日はパムの手術の日。
朝8時病院の先生と駐車場で待ち合わせ。
鍵を開けていただいて、病院に入りました。
blog用 005


今日も先生はさわやかな笑顔でパムを迎えてくれました。

今朝は食いしん坊パムが朝食を残しました。
これから絶食だからしっかり食べて欲しかったのに
何かを感じていたのかな?

手術は午後1時。パムを預けて私は一旦家に戻ります。
片道約1時間。なんだかちょっとさみしい。。。

お昼1時になると、携帯が手放せません。
ソワソワして何も手につかない。
そんなとき、家の電話がなりました。
まさか・・・ドキドキしながらでると
なんとセールスの電話。
「もう!!こんな時に・・・」ガチャンとすぐに切りました。

午後5時にお迎え。でもちょっとでも早く会いたくて
30分以上も早く家を出て、また片道1時間。

パムは力なくクンクン泣いていました。
「怖かったね。よく頑張ったね」
目はまだ充血してるけど
普通の病院では、うまく治すことができないといわれた
大きなチェリーアイがすっかりきれいになってました。

小さな体に全身麻酔は、負担が大きかったようで
家に帰ってからもグッタリ。。。
blog用 009

食欲も全くありません。
食べないと低血糖で命が危ないよ。
少しずつ口に運びながら、ただただ快復を祈るばかり。

今日はゆっくり眠って明日また元気に起きてきてね。
blog用 001  blog用 010
        手術前のパム             手術後・・・ちょっとまぶしそう

blog用 007

本日の流れ

AM 8:00  先生と待ち合わせ
        手術の説明と同意書署名

        点滴を血糖値を維持しながら絶食。

PM 1:00  手術開始

PM 4:50  パムが戻ってくる
        術後の説明と薬の処方

次回の診察は2~3日後
 

チェリーアイ 大学病院受診

2011.12.09.12:00

 パムがチェリーアイになって、みんな口には出さないけど
ダイレクトに言うと「不良品を買った」っぽい事を
言われました。

 「ペットショップに文句言って換えてもらったら・・・」みたいな。

でも私は全くそんなことは思わなかった。
だってこの子しかいないと思ったし、
逆にペットショップで発症していたら、どうなっていただろうって。。。
だから、私は一言もペットショップに何も言わなかったよ。
(言っても無駄なんだけどね。。。)
もし、交換してくれるとしても、絶対交換なんてしたくないし!!

話は戻って、12月8日AM9時大阪府立大学獣医臨床センターを受診しました。
関西空港近くにあり、我が家から車で約1時間。
朝一番に到着し、手続きを済ませて、待合室へ。。。
  blog用 007


動物病院とは思えない立派な施設。
人間の大学病院みたい。
なんか私の方が緊張してきたよ。
きっとえら~~~い先生が、専門用語を並べて
難しい話するんだろうな・・・・。

9時ちょうど、「パムちゃん」と名前が呼ばれました。
パムちゃんを迎えてくれたのは、すっごく優しそうな若い男の先生。
待合室まで、先生がお迎えに来てくれて
診察室まで案内してくれます。

診察室で丁寧に自己紹介され、これからの診察・検査内容や
病気の事など詳しくわかりやすい言葉で説明してくれました。
先生は終始やさしい笑顔で、私の緊張も一気に解けました。

安心して任せられそうです。

早速パムちゃんは先生に預かっていただき、血液検査・レントゲン・目の検査
などなど。。。
約一時間の検査をがんばりました!!

パムは朝食を抜いていたので、帰ってきたらお腹がすいて
カバンをガサガサあさってました(笑)
すぐにフードを熱いミルクでふやかしたけど、冷めるまで待てなくて
大変でした!!
よくがんばったね。。。お疲れ様。

検査結果・・・
レントゲン→ 異常なし
目の検査 → 異常なし
血液検査 → 肝数値に少し異常あり
       点眼薬がステロイド剤だったのでその副作用?とのこと
      (点眼を嫌がるので、たくさんこぼしてしまい舐めてしまったから)


検査結果、手術しても大丈夫!!とおっしゃってくださって
12日手術決定。
眼科のある動物病院って少ないので、お忙しいなか
時間外にわざわざ駐車場まで迎えにきてくださるみたいです。

本当に感謝!感謝!です。
この病院、先生だけでなく、薬剤部の方も受付の方も
みんな笑顔で優しい対応で、気持ち良かったです。
どうか、手術が成功しますように・・・。

blog用 013
エリザベスカラーをつけられ、疲れ切った様子のパム

blog用
保険に入っているので、医療費は全額返金されます。

 blog用 011
点眼苦手だけど、がんばろうね。。。






チェリーアイ 発症から受診まで

2011.12.05.21:25

 実は、ここに書こうかためらっていたんですが
私自身、心配で同じ症状の方のブログを参考にさせて
頂いたので、発症から治療まで記事にしていきます。
パム は我が家に来て、6日目にチェリーアイになりました。

仕事から帰って、一緒に遊び
夕食を食べるために部屋を離れました。
一足先に夕食を食べ終えた息子が、
「おかあさん!パムの目からミミズ みたいなん出てる」との声。
慌てて見に行くと確かに、左の目頭が赤く腫れている。。。

瞼が荒れただけだろうと思っていたら、
みるみる膨れてきて・・・。
いろいろネットで検索してると「チェリーアイ」かな・・・と。

「チェリーアイ」とは名前のように、犬の第三眼瞼腺が赤く腫れあがって
突出する病気です。
飛び出した部分がさくらんぼに似ていることからそんな名前が
ついたようですが、かわいい名前とは裏腹にとてもやっかいです。

翌日、早速動物病院 へ行きました。
やはり、「チェリーアイ」とのこと。
チェリーアイは軽度なら点眼 でおさまったり
指や鉗子で元の位置にもどす方法があるのですが、
パムは一晩のうちにかなり腫れたのと、
体が小さすぎて、もとの位置に戻したくてもスペースがないといわれました

簡単に処置してもらえると思っていたのに、ショック。。。
「とりあえず点眼で炎症を抑えて、明日腫れが引いたら
処置しましょう・・・」と言われ点眼薬をもらって帰りました。

翌日・・・腫れが引くどころかさらに腫れている。
なんだか心配で、セカンドオピニオンを求めて
もう一軒の動物病院へいきました。
やはり結果は同じ。

そして二日後、今度はチェリーアイから出血。
最初の病院で、大阪府立大学獣医臨床センターの紹介を受けました。

こちらは紹介がないと診ていただけない、完全予約制の病院ですが
かかりつけ医の迅速な対応で、すぐに予約を取ることができました。

長くなるので大学病院での受診は、次回に乗せたいと思います。


チェリーアイ発症からの経過・・・

11月30日 PM7時頃 チェリーアイ発症
12月01日 AM 9時  動物病院受診(かかりつけ医)点眼薬処方
12月03日 AM10時  動物病院受診(セカンドオピニオンを受ける)
12月05日 AM 9時  動物病院受診(かかりつけ医)点眼薬と軟膏処方
                        大学病院の紹介を受ける
12月08日 AM 9時  大阪府立大学獣医臨床センター受診予約
AquariumClock 2
プロフィール

友湖

Author:友湖
年子だけど同級生という2人の息子(高校生)の母親です。
関西在住の保育士です!

最新記事
いくつになったの
何周年?
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。